生命保険や遺族年金は遺産分割の対象になりますか

生命保険をかけていた方が亡くなり、受取人は面倒を看ていた人に設定されていた場合、この生命保険は遺産分割の対象となってしまうのでしょうか?

生命保険は、受取人固有のもので相続財産には含まれません。よって遺産分割の対象とはなりません。
これは、受取人が相続人と指定されているのと同じことを意味するのです。
ただ、相続人と指定された場合には、相続分にしたがって分けられることとなります。

生命保険が相続財産として遺産分割の対象とならないとしても、他の相続人と比較して、特に利益を得ていますから、特別受益として扱われ
遺留分を侵害したときには、相続分から引かれることもありますので、他の相続人より多くもらえると安心することもできません。

また生命保険の他にも死亡退職金なども遺産分割の対象となるかということになりますが、これに関してはそれぞれの会社の就業規則などの規定によります。一般的には死亡退職金は、残された遺族の生活保障という意味合いなので、遺族間で相続財産として分割することはありません。

ただし、他の相続人との関係で、個人の志望により特別な利益を得たということになりますから、特別受益の規定が適用となり、生命保険同様
遺留分を侵害したときには他の相続人から一部返還するように求められることとなります。

«
 

トラックバックURL