相続と遺言のポイント はここだ

遺言は、常に日付の新しい遺言が優先されます。遺言を取り消す場合は、新しい遺言を書けば古い遺言を取り消すことができます。遺言には、三種類があります。

●自筆証書遺言
●公正証書遺言
●秘密証書遺言自筆証書遺言

全文を自筆、パソコンなどの機械ライティングは無効。日付、遺言者の住所、氏名、押印が必要です。日付は、キチンと日を書きます。印鑑は認め印でもOKです。不動産は、登記簿謄本の記載のとおり記載しましょう。自筆証書遺言は、秘密をたもてることが、メリットです。ただ、方式に違反すると遺言が無効になり、意味が無くなってしまいますので効力が失せる可能性があります。また書き間違えた場合、訂正できます。できれば間違いを避けるためにも、書き直すほうがいいでしょう。公正証書遺言以外の遺言は、家庭裁判所で検認をしなければなりません。遺言の内容は秘密にできるのですが、遺言したことが公証人、証人に知られてしまうデメリットがあります。また、公正証書遺言以外の封印してある遺言書は、家庭裁判所で開封しなければいけません。勝手にあけたら無効になります。

不動産の相続登記を無料で相談する
遺言のあるなしにかかわらず、不動産を相続人に名義変更する登記をするのなら、
それなりの段取りがいる。
www.souzoku-shien.net/registration

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む