相続で遺産分割でもめないために

内縁の妻に相続権はありませんがその子には権利が
あります。また同じく後妻や前妻の間では自身の子供について
遺産分割でもめることも多いものです。
遺産分割は相続人の間に感情的な溝を生みます。そんなことを避けるためには
キチンとした遺言を作ることです。遺産の行き先や内容をはっきりと書く。
紛争が予想されるときには特に受け取る側も納得できる範囲のあいまいな表現を避けた遺言の作成をしましょう。
あいまいな遺言や相続でもめごとを作る原因は残った相続人だけでなく
被相続人の生前の問題も否めません。遺言をキチンとしておけば防ぐことが出来る紛争は多くあります。
問題点の整理としてはその1:遺言には公正証書によるもの、直筆ものがあるがどれも遺言として有効なものを作成するようにする
その2:非嫡出子の相続分が絡む場合は嫡出子の半分の相続になることから今現在は公平性が確立されていない。憲法上の平等の原則に反しないかは未解決であるのでもめないように配慮する必要はある。

その3:離婚や離縁無効の争いになる場合は遺産分割認知請求などの訴えが無いかどうかも確認しなければならない。

 

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む