相続の順位という概念を知っている人は多い

相続の順位は以下のように定められています。自分が該当する順位を覚えておきましょう。次に掲げる者は、第887条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。1.被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。

2.被相続人の兄弟姉妹第887条第2項の規定は、前項第2号の場合について準用する。配偶者の相続権)第890条 被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、第887条又は前条の規定により相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする。相続第1順位・・・被相続人の直系卑属(ひぞく)
・被相続人の子供(=実子)や養子あるいは、内縁関係にある人の子供(=非嫡出子)・被相続人の孫

相続の手続きの相談の前に読む冊子を進呈
読み出したら最後まで止まらず進められると評判で、わかりやすい相続のハンドブックです。
www.souzoku-shien.net/book

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む