カテゴリー: どうやら相続は準備が大事らしい

生命保険や遺族年金は遺産分割の対象になりますか

生命保険や遺族年金は受取人が指定されているので遺産分割の対象にはなりません

生命保険をかけていた方が亡くなり、受取人は面倒を看ていた人に設定されていた場合、この生命保険は遺産分割の対象となってしまうのでしょうか?


“生命保険や遺族年金は遺産分割の対象になりますか”の詳細は »

遺言と相続にかかわるいろんな数字

家族の生活を守るためのいろいろな税制度が、かえって相続人を混乱させる

公正証書遺言
証人二人以上の立会いのもとで、遺言者が遺言を口述し、公証人がこれを書きとって公正証書遺言を作るものです。遺言者本人は実印印鑑証明が必要です。(証人は認印でもかまいません。)
“遺言と相続にかかわるいろんな数字”の詳細は »

相続と遺言のポイント はここだ

相続人が生前贈与や遺贈を受けていた場合は、他の相続人との公平を期すために本来の相続分から受益分を差し引くことと定められていますよ

遺言は、常に日付の新しい遺言が優先されます。遺言を取り消す場合は、新しい遺言を書けば古い遺言を取り消すことができます。遺言には、三種類があります。
“相続と遺言のポイント はここだ”の詳細は »

相続で遺産分割でもめないために

あいまいな遺言や相続でもめごとを作る原因は残った相続人だけでなく 被相続人の生前の問題も否めませんよ

内縁の妻に相続権はありませんがその子には権利が
あります。また同じく後妻や前妻の間では自身の子供について
遺産分割でもめることも多いものです。
“相続で遺産分割でもめないために”の詳細は »

相続の順位という概念を知っている人は多い

第1順位の人がいる場合は、第2順位、第3順位の人には、相続の権利はありません

相続の順位は以下のように定められています。自分が該当する順位を覚えておきましょう。
“相続の順位という概念を知っている人は多い”の詳細は »