横浜駅前の司法書士のグッドなサイト

おすすめページ

・被相続人のひ孫相続第2順位・・・被相続人の直系尊属被相続人に子供、孫、ひ孫がいないときは、被相続人の父母(=直系尊属)が、遺産を相続します。もし、父母が亡くなっているときは、被相続人の祖父母が、相続するとされています。

第1順位の直系卑属と、第2順位の直系尊属が誰もいないときは、被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。以上のように第1順位の人がいる場合は、第2順位、第3順位の人には、相続の権利はなく、同様に第2順位の人がいる場合は、第3順位の人には相続の権利はありません。また、その兄弟姉妹の中で子供を残して亡くなっているときは、その子供にも相続の権利があります。

あなたの相続解決します!横浜の相続相談サイト
おい、めいまでは、相続が認められています。法律上の届出がされていない、内縁関係の場合の相続は認められていません。ただし、その子供(=非嫡出子)は、第1順位の相続権が認められています。ただし、相続分は実子の1/2となっています。
www.souzoku-shien.net/