遺言が無い場合の相続の手続きは

遺言が無い場合の手続きには、
原則相続人全員の合意が必要です。

普通預金や通常貯金などの可分債権は相続人全員の合意がなくても、
法定相続分で取得するのであれば、
手続きすることができます。

金融機関の窓口対応する方が知らない場合があるので、
要注意です。

他にも相続人が未成年者で有る場合には、
親権者が子の財産管理保存行為として、
預金の引出しが可能です。

こちらも金融機関の窓口対応する方が知らない場合があるので、
要注意です。

相続人が一人の場合には、
その相続人が制限行為能力者でない場合には、
財産の承継手続きはその相続人一人で手続き可能です。

相続人が多数にのぼる場合には、
遺産分割協議書を作るとスムーズです。

この文書に基づいて手続きを進めることが可能です。
分け方も協議により決める事ができます。
法律で決められている相続分でなくても大丈夫です。

より円滑にスムーズに手続きを進めるためには、
作成したほうが良いかと思います。

«
 

トラックバックURL