税金と相続の遺言とのからみ

①被相続人が営んでいた事業を親族が承継して引き続き営む・・・ 20%
②被相続人と生計を一つにしていた親族の事業用地で事業をそのまま継承する・・・ 20%③前項以外の場合 ・・・50%不動産賃貸

①被相続人が賃貸していた不動産の敷地・・・ 50%
②国などの事業用に賃貸していた不動産の敷地 ・・・20%*相続又は遺贈によって取得した財産のうち、被相続人等の事業の用もしくは居住の用に供されていた宅地等で200平方メートルまでの部分を小規模宅地等として、相続税の課税価格に算入すべき価額・・・・その宅地等の価額に次に掲げる用途区分に応じた割合を乗じて計算した金額とする。相続人が生前贈与や遺贈を受けていた場合は、他の相続人との公平を期すために本来の相続分から受益分を差し引くことと定められています

(903条1項)。相続人に対する生前の贈与も相続分の前渡しとして勘定されます。遺贈も同じ扱いに相続分の計算では、カウントされることになります。この贈与分や遺贈分を「特別受益」といいます。ただし特別受益となるのは以下のような時だけです。
①婚姻のため
②養子縁組のため
③生計の資本特別受益の注意点を覚えておきましょう。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む