カテゴリー: スムーズに受け継ぐ故人

遺言が無い場合の相続の手続きは

協議書の書き方一つで、相続の手続きが簡略化される場合があります。

遺言が無い場合の手続きには、
原則相続人全員の合意が必要です。

“遺言が無い場合の相続の手続きは”の詳細は »

円満に手続を進めていくために

相続人が多数に亘る場合の話し合いは大変です。遺言を書いておくのが効果的です。

相続の手続きはわからないことばかりです。
まずは何から手をつけていけばよいのでしょうか。


“円満に手続を進めていくために”の詳細は »

なかよく人生を送る遺言と相続の手配

15歳以上になれば法律上では遺言をかけると決まっている。やっている人は少ないですが、できるのだ。

遺言作成について述べてみる。

遺言を書けるのは、15歳からと定められているのです。
“なかよく人生を送る遺言と相続の手配”の詳細は »

税金と相続の遺言とのからみ

養子にも相続する権利があるのだから、どうしたいのか意見を言わないと遺言の無い限り手続はとまる

①被相続人が営んでいた事業を親族が承継して引き続き営む・・・ 20%
②被相続人と生計を一つにしていた親族の事業用地で事業をそのまま継承する・・・ 20%③前項以外の場合 ・・・50%不動産賃貸
“税金と相続の遺言とのからみ”の詳細は »