遺言が無い場合の相続の手続きは

協議書の書き方一つで、相続の手続きが簡略化される場合があります。

遺言が無い場合の手続きには、
原則相続人全員の合意が必要です。

“遺言が無い場合の相続の手続きは”の詳細は »

円満に手続を進めていくために

相続人が多数に亘る場合の話し合いは大変です。遺言を書いておくのが効果的です。

相続の手続きはわからないことばかりです。
まずは何から手をつけていけばよいのでしょうか。


“円満に手続を進めていくために”の詳細は »

生命保険や遺族年金は遺産分割の対象になりますか

生命保険や遺族年金は受取人が指定されているので遺産分割の対象にはなりません

生命保険をかけていた方が亡くなり、受取人は面倒を看ていた人に設定されていた場合、この生命保険は遺産分割の対象となってしまうのでしょうか?


“生命保険や遺族年金は遺産分割の対象になりますか”の詳細は »

なかよく人生を送る遺言と相続の手配

15歳以上になれば法律上では遺言をかけると決まっている。やっている人は少ないですが、できるのだ。

遺言作成について述べてみる。

遺言を書けるのは、15歳からと定められているのです。
“なかよく人生を送る遺言と相続の手配”の詳細は »

遺言と相続にかかわるいろんな数字

家族の生活を守るためのいろいろな税制度が、かえって相続人を混乱させる

公正証書遺言
証人二人以上の立会いのもとで、遺言者が遺言を口述し、公証人がこれを書きとって公正証書遺言を作るものです。遺言者本人は実印印鑑証明が必要です。(証人は認印でもかまいません。)
“遺言と相続にかかわるいろんな数字”の詳細は »

税金と相続の遺言とのからみ

養子にも相続する権利があるのだから、どうしたいのか意見を言わないと遺言の無い限り手続はとまる

①被相続人が営んでいた事業を親族が承継して引き続き営む・・・ 20%
②被相続人と生計を一つにしていた親族の事業用地で事業をそのまま継承する・・・ 20%③前項以外の場合 ・・・50%不動産賃貸
“税金と相続の遺言とのからみ”の詳細は »

相続と遺言のポイント はここだ

相続人が生前贈与や遺贈を受けていた場合は、他の相続人との公平を期すために本来の相続分から受益分を差し引くことと定められていますよ

遺言は、常に日付の新しい遺言が優先されます。遺言を取り消す場合は、新しい遺言を書けば古い遺言を取り消すことができます。遺言には、三種類があります。
“相続と遺言のポイント はここだ”の詳細は »

相続で遺産分割でもめないために

あいまいな遺言や相続でもめごとを作る原因は残った相続人だけでなく 被相続人の生前の問題も否めませんよ

内縁の妻に相続権はありませんがその子には権利が
あります。また同じく後妻や前妻の間では自身の子供について
遺産分割でもめることも多いものです。
“相続で遺産分割でもめないために”の詳細は »

相続の順位という概念を知っている人は多い

第1順位の人がいる場合は、第2順位、第3順位の人には、相続の権利はありません

相続の順位は以下のように定められています。自分が該当する順位を覚えておきましょう。
“相続の順位という概念を知っている人は多い”の詳細は »